空中写真の概要と撮影区域

(1)空中写真とは

 空中写真は、飛行機に搭載した航空カメラを使って撮影された写真です。「航空写真」と呼ばれるものも、同じものと考えて差し支えありません。 従来、フィルムカメラによる(アナログ撮影)ものでしたが、近年ではデジタルカメラによる(デジタル撮影)ものが登場しています。
アナログ撮影(密着焼付け)デジタル撮影
注)
  • 上記画像は、プリント時の大きさをあわせてあるものではありません。
  • デジタル撮影の場合、画角は長方形になります。
  • アナログ撮影は、カラーの場合もあります。

(2)空中写真の撮影範囲

 日本の国土全域について、概ね5年毎に空中写真の撮影が行われています。
都市部地域については国土地理院が、森林部地域については林野庁と都道府県が担当し、下図のように撮影を分担しています。


網掛け部分  :   林野関係撮影区域

 白い部分   :  国土地理院撮影区域

(3)標定図とは

 空中写真の撮影は原則として東西方向に設定されたコース上で連続的に行われており、空中写真一枚ごとにコース番号及び撮影順の番号が付けられます。従って一つのコースの上にたくさんの写真が並んでいます。これを地形図の上に表したものを標定図といいます。 下の標定図は平成18年に撮影された、5万分1地形図名「恩根内」のものです。


(4)森林を対象とした空中写真の基礎知識

  1. 隣合わせの空中写真を用いて立体視することによって、撮影箇所の撮影時点での状態をいつでも再現することができることから、等高線の地図作成、樹種の判別、樹高の測定、単位面積当たりの成立本数、材積の推定など森林調査を行うことができます。
  2. 森林地域を対象とした空中写真は同一地域についておおむね5年ごとに撮影されており、経年の変化を比較分析できます。
  3. 空中写真は土地の状況を忠実に記録していることから、土地利用・植生調査、森林計画編成、林道予定線調査、災害状況調査など多目的に使用できます。

(5)空中写真撮影の問い合わせ先

林野庁と都道府県が撮影する森林地域(林野関係といいます)及び国土地理院が撮影する都市部についての問い合わせ先は以下のとおりです。
林野関係撮影分
林野庁 国有林野部
経営企画課 経営計画班
TEL 03-3502-8347(直通)
FAX 03-3592-6259
国土地理院撮影分 (財)日本地図センター
空中写真部
TEL 0298-51-6657
FAX 0298-52-4532
copyright. グリーン航業株式会社. All rights reserved